海味 海味 海味 海味 海味 海味 海味 海味

魚屋さんが作った 魚屋さんが作った 魚屋さんが作った

海のミネラルと 海のミネラルと 海のミネラルと

山のミネラルが
詰まったお米
山のミネラルが詰まったお米 山のミネラルが詰まったお米

海と山のミネラルが詰まったお米 海味 umi 新潟産コシヒカリ 微生物が竹粉とカニ殻を分解して作った、独自の有機肥料を使い、安全な土壌で丹精込めて育てられた、豊かな海と大地のミネラルがたっぷりの、新潟県産コシヒカリ。減農薬減化学肥料の「秘蔵米」と、100%棚田作りの「希少米」。2種の味わいをお愉しみください。 海と山のミネラルが詰まったお米 海味 umi 新潟産コシヒカリ 微生物が竹粉とカニ殻を分解して作った、独自の有機肥料を使い、安全な土壌で丹精込めて育てられた、豊かな海と大地のミネラルがたっぷりの、新潟県産コシヒカリ。減農薬減化学肥料の「秘蔵米」と、100%棚田作りの「希少米」。2種の味わいをお愉しみください。

滋味豊かな
すっきりとした味わいを食卓に。
魚屋が手がけた、
海と山のミネラル米。

昔から土壌を良質にすると言われてきたカニ殻を米作りに使えないか。
魚屋を生業としている我々が、良い米を、良さの分かる人にきちんと届けるために、
そして新潟の米作りを、より活性化させるために、考えた一つの答え。
それが竹粉とカニ殻を組合わせ、微生物により分解された有機肥料の活用でした。

山岳からの雪解け水が、豊富なミネラル成分を運んでくれる
米作りに非常に恵まれた、ここ新潟南部の地域。
減農薬減化学肥料栽培を行える下田にて丹精込めて作られる「秘蔵米」と、
100%棚田である安塚にて手間暇かけて作られる「希少米」。

契約農家と共に独自の作り方で育て上げた
2種の新潟県産コシヒカリを、ぜひ味わって頂けると幸いです。

株式会社シンレイ代表 笹川 周
「自分の知ってる人に食べてもらう」という意識を持った安心・安全・美味の米作り美味しいご飯、それは健康的な稲を育てることから生まれます。農薬と化学肥料を最低限度に減らしながら、安全な土壌づくりと、太く強い稲を育てられる方法を30年、研究し試行錯誤してきました。本当に美味しいお米を食べてもらいたい、という想いから、手間と時間をかけ、少量ながら「質」にこだわった、お客さんに出して恥ずかしくない米作りを日々、続けています。微生物が竹粉×カニ殻を分解して作った有機肥料を使った新しいお米「海味〜umi〜」。美味しさも、安心も、自信を持ってお届けします。 下田「秘蔵米」生産者 蒲澤 新治 「自分の知ってる人に食べてもらう」という意識を持った安心・安全・美味の米作り美味しいご飯、それは健康的な稲を育てることから生まれます。農薬と化学肥料を最低限度に減らしながら、安全な土壌づくりと、太く強い稲を育てられる方法を30年、研究し試行錯誤してきました。本当に美味しいお米を食べてもらいたい、という想いから、手間と時間をかけ、少量ながら「質」にこだわった、お客さんに出して恥ずかしくない米作りを日々、続けています。微生物が竹粉×カニ殻を分解して作った有機肥料を使った新しいお米「海味〜umi〜」。美味しさも、安心も、自信を持ってお届けします。 下田「秘蔵米」生産者 蒲澤 新治
海味 海味 海味 海味
海味 海味 海味 海味
  • 海味〜umi〜米づくりのこだわり 竹粉

    太く強い。健全な稲穂に成長させる
    乳酸菌の宝庫「竹粉」。

    竹粉は乳酸菌の宝庫。善玉菌を活性させ、悪玉菌(腐敗菌・病原菌など)を抑制する。この乳酸菌が稲の根を健全に成長させ、病気になりにくく太く健全な茎を育てる。

  • 海味〜umi〜米づくりのこだわり カニ殻

    良質な米を作る、良質な土壌。
    その土壌を作り上げる「カニ殻」。

    カニ殻に豊富に含まれるミネラル=キチン質が微生物の活動を活性化。微生物が有機肥料を分解し、稲の根に「美味しい」養分を含んだ良質な土壌を形成する。

  • 海味〜umi〜米づくりのこだわり 雪解け水

    豊富なミネラル成分を運んでくれる、山岳からの贈り物「雪解け水」

    ナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウムなど、豊富にミネラルを含んだ雪解け水が、豊富に蓄えられ、稲に十分に浸透するよう、土づくりに励んでいる。

  • 海味〜umi〜米づくりのこだわり 生産者

    稲を知り、土を知り、環境を知る。
    経験豊富な農家が集う。

    代々米作りを営んできた農家が、日々、健康な稲を育て美味しい米を作るために重ねる試行錯誤。生産者も食べる人も互いに顔が見える「直接販売」にこだわっている。

「竹粉×カニ殻」の有機肥料を
使った稲は、健康的に育つ。

下田での稲の記録
例年通りの有機肥料で育てた稲 「竹粉×カニ殻」有機肥料で育てた稲 例年通りの有機肥料で育てた稲 「竹粉×カニ殻」有機肥料で育てた稲

左が例年通りの有機肥料で育てた田んぼ。右が「竹粉×カニ殻」の有機肥料を使って育てた田んぼ。右の田んぼの方が、稲が太く青々としており、米の粒が大きく高密度に実っているのが分かる。この年は日頃の雨量が少なく、台風の影響が多大であり、米作りには過酷な年であったにも関わらず、竹粉×カニ殻を使った「海味〜umi〜」は健康的に育った。

平地での米作りの10倍の時間がかかっても皆さんに届けたい、海と山のミネラル米。海から隆起して産まれた、ここ安塚の山々には海のミネラル成分が非常に多く含まれています。しかし、山の上がゆえに水の確保が難しい土地でもあります。さらに、棚田での米作りは手間コストも非常にかかります。この土地のミネラル成分を活かしながら、農薬と化学肥料を減らし、微生物が竹粉×カニ殻を分解して作った有機肥料を使いました。手間と時間はかかっても、美味しい米を直接食べ手に届ける。そんな棚田での米作りに誇りを持って生産しています。雑味のないすっきりとした味わいを探求したお米、それが「海味〜umi〜」の100%棚田づくり「希少米」です。 安塚「希少米」生産者 岩崎 □□□□ 平地での米作りの10倍の時間がかかっても皆さんに届けたい、海と山のミネラル米。海から隆起して産まれた、ここ安塚の山々には海のミネラル成分が非常に多く含まれています。しかし、山の上がゆえに水の確保が難しい土地でもあります。さらに、棚田での米作りは手間コストも非常にかかります。この土地のミネラル成分を活かしながら、農薬と化学肥料を減らし、微生物が竹粉×カニ殻を分解して作った有機肥料を使いました。手間と時間はかかっても、美味しい米を直接食べ手に届ける。そんな棚田での米作りに誇りを持って生産しています。雑味のないすっきりとした味わいを探求したお米、それが「海味〜umi〜」の100%棚田づくり「希少米」です。 安塚「希少米」生産者 岩崎 □□□□

copyright 2018 Sinrei inc. all rights | プライバシーポリシー